凍み餅の戻し方と下ごしらえ

 フリーズドライ製品ともいえる「凍み餅」は基本的に水につけて戻してから調理します。戻し時間は一晩程度(2~3時間でもOK)。写真は戻す前と後。2倍くらいに膨れ上がります。

 ひとつだけご注意を。戻し凍み餅をオーブントースターで焼くと、網にへばりついて取り出しがむずかしくなります。トースターを使う場合は天板にクッキングペーパーなどをひいて調理してください。

凍み餅の調理法

 本家飯舘村では、甘辛しょうゆや黄な粉、あんこなどをまぶして食べるのが一般的。でも水で戻して加熱した凍み餅は、通常の餅と同じように使えます。もちもちした食感も十分味わえます。

 ここで紹介している調理法はほんの一例です。全国各地の伝統的な食べ方、オリジナル料理などありましたら、ぜひご一報を! このホームページ内で紹介させていただきます。

 スローフードでもある凍み餅の普及をめざして。

 

甘辛凍み餅 定番料理。一口大に切った戻し凍み餅を薄く油をひいたフライパンで焼く。火が通ったら(押してみて普通の焼き餅のように軟らかくなったら)、あらかじめ用意しておいた甘辛しょうゆをからめればできあがり。黄な粉やあんこの場合は、焼けた凍み餅を器に移してからからめる。

※電子レンジで軟らかくしてから、加熱した甘辛しょうゆに入れてもOK。

チーズ焼き 八峰村メンバーによる試作。水戻し凍み餅をまるごとフライパンで焼く。ある程度火が通ったら裏返ししてピザ用チーズをのせる。凍み餅が軟らかくなり、チーズが溶け始めたら再度裏返し。チーズ焼けてフライパンの上を滑るようになった、しょうゆをたらして焼きチーズにからめて香ばしい匂いがただよってきたらできあがり。

おろし和え ポピュラーなからみ餅のアレンジといったところでしょうか。大根おろしの水気をお好みで切り、ポン酢またはお好みの調味料を加える。水戻し凍み餅を一口大に切り、片栗粉をまぶす。フライパンで焼いてからボールに移しポン酢おろしをからめる。彩りに貝割菜を散らしてできあがり。

八峰村運営委員会事務局

TEL:

090-8749-9214

メール:kuma4104@gmail.com

 

外部リンク

アクセスカウンター